名郷から、大持山・小持山・武甲山の縦走。羊山公園の芝桜を山の上から眺める

 

日にち:2015年5月2日

交通の状況

西武線で飯能に向かう。

  • 7:09分発国分寺
  • 7:50分着飯能

交通費は370円

利用したバスは国際興業バス。

  • 8:00分発飯能駅
  • 8:59分着名郷

交通費810円

この時点でかなり混んでいて、長い行列が出来ていた。殆どの乗客はさわらびの湯で下車しており、それ以降は座ることが出来た。suicaが使えるので便利だ。バス車内で「ヤマノススメ」のあおいちゃんの声でアナウンスがあった。私はこの当時ヤマノススメを見ておらず、ピンと来なかったが、後に飯能が舞台ということを知る。

行動

バスを待っていた際、前にいた二人組のうち一人が私が使っているリュックの色違いを使っていた。その二人組は名郷まで来ており、到着後に私が座っていたベンチに座っていたので、たぶん向こうもリュックが同じことに気づいて、少し気まずかっただろう。

09:05分 名郷バス停出発

しばらくは舗装された道を歩く。前回の山行と異なり、クマが出る可能性があったので途中でクマ鈴をつける。振り向いても誰も付いてきていないので、ちょっと不安だった。武川岳方面に皆向かったのだろうか。

DSC_0758

09:40分 山中に到着

山中の名水という名湧き水があるということは事前の調べで知っていたので、水筒はあらかじめ空にしていた。写真のようなホースが何本もあり、勢いの強い場所もあったのだが、先に車で水を汲みに来ていたおばさんがすべて使っていたのでこちらのホースでゆっくり水を入れた。おばさんが気を使って、「こっちの流れの早いほうをつかうかい?」と聞いてくれたが、特に急いでなかったので、「大丈夫です」と返事。スマホでこの写真を撮っていると、おばさんがガラケーからスマホに変えたいという話をしてきて、イオンの安いスマホって維持費いくらなどと聞いてきたので、3000円くらいですかねぇなどと話す。時代は、格安simだ。

ここの水は冷たくて美味かった。スポーツドリンクを別に用意していたが、出来ればいつまでもこの湧き水を飲んでいたかった。DSC_0761DSC_0765

山中を後にして、しばらく歩くと分岐へ。妻坂峠を目指す。ここから本格的な登山道だ。

DSC_0769

謎の積み石。これが目印なのか。

DSC_0771

木が倒れている。途中、20~30代くらいのグループとすれ違う。彼らとは大持山で再会、「写真撮って下さい」と言うので撮ってあげた。

DSC_0772

10:20分 妻坂峠に到着。

ここからは長く険しい道のりだ。少し休憩した後、出発。DSC_0778

こう見るとそれ程たいした坂ではないが、歩いているときつかった。ゴールデンウィークだからか知らないが、人もそこそこ。P1120858

11:21分頃 大持山の南に到着。

写真だと霞んでしまっているが、実際に見ると素晴らしい眺望であった。冬だともっとすごいのかな。人は私しかいなかったので、しばらくここで景色を独占した。P1120856

ベンチ有。写っているのが今朝被った私のリュック。大持山の山頂はもっと景色がいいのかな?そう期待して、山頂に向かう。P1120865

11:42分頃。大持山に到着。景色は、

P1120866

あまり開けていない。だけど、手前に見える山がなんだかかっこいい。ここから小持山を目指す道は、岩が多くてちょっとしたアスレチック感が出ていた。尾根もやや細いので、注意していないと事故になる。一枚くらい写真撮っておけば良かったが、撮っている余裕が・・・ない。妻坂峠から大持山の登りがきつくて体力使っちゃったんだろうな。

P1120881

12:24分頃。小持山に到着。

昼ごはんのドーナツを食べる。本当はおにぎり作ろうと思ったのだが、時間がなくて作れなかった。後から60代くらいの夫婦が登ってきて、「写真撮って下さい」と言われたので撮ってあげた。「大持山へは再挑戦」的なことを言っていた。年取ってから仲良く山登るなんて素敵な夫婦だ。私に、そのような家族は築けるのだろうか?色々考えてしまった。P1120882

小持山からの眺望。

DSC_0782

13:08分頃。シラジクボという謎地点に到着。

DSC_0783

こんな坂が・・・。降りたんだが、これから登ったんだか、忘れてしまった。たぶん、武甲山に向かう坂だった気が。DSC_0785

山頂付近まで到着。ここまで何度かすれ違ってきた60代くらいのおばさんと少し話す。始発で名郷に到着、ウノタワ経由で縦走しているらしい。それにしても、元気だ。P1120890

 

13:50分頃。武甲山に到着。秩父の街が一望できる。来てよかった。そしてお目当ての、山頂からの羊山公園の芝桜は・・・・・

P1120919

肉眼ではあまり見えないが、カメラでズームすると良く見える。人が動いている様子も分かった。しばらく山頂でゆっくりしていると、おじさんに「写真撮ってください」と言われたので撮ってあげた。P1120930

他にも展望所があるらしいので、そっちからも一枚。P1120928

こっちは少し狭かった。

30分ほど武甲山でのんびりしたのち、浦山口に向かって下山開始。浦山口駅へ向かう途中、女性2人くらいと、子供3人のグループが前を歩いていた。子供1人が転んだのかわからないが泣いていて、ひと声かけようか迷ったが、大したことなさそうだったので素通りした。その後そのグループとは水場のあたりで再開。私一人で歩いていたスピードに追い付いていたので、かなり速いペースだったのだと思う。この浦山口へ向かうルート、想像以上にきつくて、子供がよく下山できるなぁとびっくりした。ちなみに私はその子供たちの目の前で、尻もちついて転んで結構恥ずかしかった。「だっさwww」とか思ったかな。P1120935

P1120939

浦山口ルートは水の流れが綺麗なんだ。夏だったら涼しいだろうな。

P1120944

入口付近に到着。やっぱクマ出るんだね。P1120945

ここからは舗装された道が続く。歩きやすいんだか、歩きにくいんだか。P1120959

みどりが綺麗だった。

P1120965

水も綺麗だった。

16:45分頃。橋立鍾乳洞に到着。この辺の売店でソフトクリームを食べた。家族連れが同じものを食べていて、「ハーゲンダッツっぽい」と言っていたが、そんな味。DSC_0796

17:06分頃。浦山口駅に到着。

DSC_0798

御花畑で下車、徒歩で西武秩父駅へ。夕食後、国分寺に向かった。

 

まとめ、反省

 

昼食がドーナツだけというのがさみしかった。やはり、おにぎりなど、ちゃんとしたものを食べたい。日帰りだしね。そして夕食、なぜか夢庵というどこにでもある店で食べてしまった。ここでしか食べれない場所に行くべき。西武秩父界隈は、国分寺からお得な切符があるので、今度は登山ではなくゆっくり観光したいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です