初めての南アルプステント泊縦走Part2 白根御池小屋~草すべり~北岳~北岳山荘そしてスーパームーン

はじめに

これは2015年9月下旬~10月上旬に5泊6日で実施した南アルプステント泊縦走の記録である。

 

この日の天気図はこちら

行動記録

5:00頃に目覚め、トイレを済ませた後、朝食のロングライフパンを食べた。今日はついに北岳山頂を目指す。登山を始めたばかりの頃は寝ると翌日は筋肉痛だったが、今となっては寝れば回復。これは「小刻みにゆっくり歩くこと」を学んだのと、基礎体力の上昇によるものだろう。

DSC_1308

6:25分頃登山開始。登るのは草すべりから。八本歯のコルは危なそうだったので今回は控えた。紅葉がかなり進んでいるが、これが最盛期なのだろうか?

DSC_1311

20分ほど歩いて白根御池を見る。昨日テントを張っていた場所が丸わかり。上から青のテント、目立っただろうなぁ。

DSC_1313

良い感じの紅葉がそこら中に溢れていた。

DSC_1318

草すべり、山と高原地図では「急坂」と書かれていないので油断していたが、結構きつい。何度も立ち止まって休憩を取りながら登った。

DSC_1320

8:00頃。やっと稜線付近に到着。

DSC_1321

高山植物保護のための柵が設置されていた。花はシーズンオフ。来年見に行きたいな。

DSC_1323

北岳までは1時間30分。

DSC_1327

草すべりがきつくてヘトヘトになっていたが、富士山がちょこっと見え始めて一気に体力回復。登山って本当に気力の作用が大きい。

P1150953

どんどん登っていくと富士がそのベールを脱ぎ始める。雲海凄すぎ。これはもっと手前で観たかった。

P1150955

貫禄のある山。甲斐駒ヶ岳かな。

P1150969

この辺の岩はやや赤め。

P1150971

仙丈ヶ岳。

P1150974.jpg

パノラマ撮影で仙丈と甲斐駒のツーショットを実現。

P1150978

P1150980

稜線に出るとかなり強い風が吹き始めた。草スベリまでのレイヤリングは、

  • ユニクロ エアリズム
  • 化繊のシャツ
  • ユニクロ ドライexフルジップパーカー

以上の3枚重ねであったが、稜線に出てからはさらにフリースを着て4枚重ね着で行動。真夏の写真でTシャツの人を良くみるが、今の時期それをやったら寒すぎて固まる。

P1150987

10:00頃。北岳の肩に到着。近くのベンチで行動食を食べて休憩。

P1150989

目の前で雲がすごいスピードで動きまわっているのを見る。「これが、地球」という感じ。

P1150994

うっすら街並みが見える。

P1150995

10:33分頃。両俣分岐点に到着。あと20分で遂に山頂。

P1160002

北岳山荘が見えてきた。

P1160014

P1160008

山頂手前の「ここ山頂じゃね?」的存在感の場所から撮影した山頂の写真。

P1160018

そして遂に山頂に到着。人生初の3000m級の山。そして日本アルプス。山頂はシルバーウィーク明けの火曜日だというのに人が多め。さすが北岳。

P1160019

山頂からの雲海と富士。噴火と人混みが嫌でずっと登らないでいる富士山だけど、これを見て登りたい気持ちが湧いてきた。だけど自分が登った瞬間に噴火しそうな嫌な予感がするんだよね。自意識過剰だろうが。

P1160040

次の日に登る間ノ岳、三峰岳。その間に見えるのは塩見岳。

山頂でしばらく景色を堪能したのち、北岳山荘へ。

DSC_1349

こういう梯子を下ったり。山頂から北岳山荘への道は山と高原地図で「危険」と書かれている場所があったので、注意しながら歩いた。どこがその危険個所なのかは分からなかったが、岩場が続くので緊張感を持って行動したいところ。

13:30分頃に北岳山荘に到着。受付では、

  • 前日の宿泊先
  • 明日行くルート

などを伝える必要がある。これは今回の登山で利用したすべての施設も同様で、おそらく登山者の安全確保のためだろう。私はこの時点で間ノ岳を経て両俣小屋に下りること、晴れたら長衛小屋に滞在し仙丈などを目指すと伝えた。

P1160090

テントはヘリポートの周辺以外であればどこに設営しても良いとのこと。私は富士山が眺められる場所に設営。

P1160057

テントから眺める富士。

P1160081

山荘と富士。

P1160109

夕食はラーメンとココア、カロリーメイトと富士。

P1160114

日が沈み始めてきたので山荘の西へ向かう。稜線は風が強くて、震えながら日没を待つ。

P1160129

どんどんあたりが赤くなる。

P1160148

中央アルプスに沈む夕日。

P1160156

完。夕日を見終えると今回の登山が一区切りついたような気持になった。

P1160165

しかし、テントに戻る途中に奴がいた。スーパームーンだ。白根御池小屋では星空を撮る「邪魔」に感じていたのだが、日没とともに浮かび上がるスーパームーンがリアルマインクラフトっぽくて笑えた。

望遠レンズがあれば月をたくさん撮ったのだが、手元にあるのは標準ズーム。どう頑張っても最大84mmが限界だ。

P1160179

どんどん登る月。

P1160208

甲府市内が月光に呼応するかのように輝きだした(小説家風)。

P1160244

やれやれ、私はパンを寝袋に入れて、体温で温めながら眠り始めた。

 

つづく(Part3はこちら)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です